クレジットカード比較は行ったほうがお得です

クレジットカード比較は自分に合ったものを持たないと、お得を得ることができません。カードを所有することによる費用対効果を考えて、自分にとって得になることが重要です。還元率の比較は最も大切なことであり、当然ながら高還元カードほどお得になりますが、実用性も比較しなければいけません。ほとんど使用しないカードでは、還元率が高くても日常の買い物でお得を実感できないはずです。普段愛用している店舗で使えないカードも、あまり意味がないと言えるでしょう。クレジットカード比較をするときは、還元率に加えて使用できる店舗も見ておく必要があります。ポイントより現金還元がよい方は、キャッシュバックカードを選ぶとよいでしょう。ポイントは用途が限られてきますが、現金なら何にでも使用できます。

年会費の比較も行って費用対効果を検証

クレジットカード比較ではポイント還元率の比較は欠かせませんが、それと同じくらい大切なのが年会費です。年会費は無料だから確実にお得とは限らないので、年会費有料カードも比較しましょう。有料カードはポイント還元率が高いのが普通であり、旅行保険・買い物補償なども充実したものが多いのです。旅行をよくする方にとって旅行保険は重宝しますし、買い物補償もないよりあったほうが確実に有利です。年間にどのくらいカードで買い物をするのか、どのような店を利用するのか、ポイントはどのくらい貯まるのか、などもシミュレーションしておきましょう。年会費有料カードの中には、年間30万円といったまとまった利用により年会費が無料になるカードもあります。こうしたカードは年間の利用額が大きい方にとって、非常にお得と言えるでしょう。

支払い方法を比較してお得に使おう

現金払いよりもクレジットカード払いのほうがお得になるのが普通ですが、使い方を誤ると逆効果となります。クレジットカード比較では支払い方法も比較しておき、利息の支払いをしないように工夫しましょう。1~2回払い、ボーナス一括払いに関しては無利息となるので、手数料なしで支払いを先延ばしできます。分割3回以上になると利息が発生するので、基本は1~2回の支払いを活用してください。クレジットカードの中には最初からリボルビング払いが設定されたカードもあります。月々の負担を最小に抑えられる反面、手数料である利息が最も増えます。利息を抑えたい方は1~2回、ボーナス一括払いを選択できるクレジットカードを選びましょう。せっかく獲得したポイントが、利息で相殺されないように注意する必要があります。