クレジットカード比較に関する疑問

よく最強のクレジットカードはこれだ、などというクレジットカード比較サイトがありますが、本当に最強なのでしょうか。これらのサイトで比較されているのは、ほとんどの場合は、ポイント還元率、あるいは年会費、保険などの付帯サービスなどとなりますが、いくらポイント還元率がよくてもそれほど利用しないのなら意味のない話になりますし、海外旅行保険が付帯していても、果たしてどのくらいの人がこれを利用しているのでしょうか。最強のクレジットカードとは、すべての人にあてはまることではなく、このグループの人たちにとっては最強であっても、利用目的が異なる人たちにとっては最強ではない可能性もあるのです。そういう意味では、クレジットカード比較は、全体像で判断するのではなく、むしろ個別の部分で見るほうが有意義であると言えます。

年会費の高いクレジットカードはサービス内容も充実

一般的には、クレジットカード比較する場合には、年会費無料のカードが良心的なクレジットカードのように扱われますが、ゴールドカード以上の年会費の高いクレジットカードの場合には、年会費が高いほど、サービス内容は充実しています。1年を通してもそれ程利用しない場合には、年会費無料のほうが良いに決まっていますが、この場合には、もはやクレジットカード比較する意味がありません。むしろ、年会費の高いクレジットカードを利用する人のほうが、利用金額次第では、非常にメリットがあるので十分な比較検討のうえで申し込むカードを選択しなければなりません。例えば、海外渡航の機会が多い人なら、年会費が高くても航空会社のマイルが貯まるクレジットカードが最適ということになるのです。

ポイント還元率はそれほど重要ではない

クレジットカード比較の際に必ず重要視されるポイント還元率も、実は、ケースバイケースですがそれほど重要ではありません。今の時代は、クレジットカード単体でお得かどうかを判断することはできず、共通ポイントや電子マネー、マイルなどとのトータルで判断しなければ、自分に最も適したクレジットカードを選ぶことができません。例えば、ポイント還元率は1倍という普通レベルであっても、他のサービスとくっつくことで還元率が2倍、3倍となるものもあります。つまり、クレジットカード会社のほうも使ってもらわないと商売にはなりませんので、使えば使うほどお得感が増すように設計されているものも多いのです。これらを抜きにして、いくらクレジットカード比較をしたところで本当に自分に最適なカードを選ぶことはできないのです。